パターン入った!

読んだ本の感想など書いてます

【手数料無料】大量の小銭を郵便局(ゆうちょ銀行)で両替する方法

 

小銭でいっぱいになった貯金箱

貯金箱にコツコツ貯めた小銭。子どもなら泣いちゃうレベルの両替手数料を、無料にできます!
Σd(≧∀≦*)

※ 郵便局(ゆうちょ銀行)では、両替をしていません。このページでは、小銭を使いやすいお金にするという意味で両替と表現しています。
※外貨の両替はしています

両替には手数料が必要です

銀行で大量の小銭を両替するには、窓口・両替機どちらも手数料が必要です。コツコツ貯めた小銭を両替するのに、この手数料は痛すぎます。

3大メガバンクの両替手数料

郵便局で両替をする方法

合計のわからない小銭を

  1. 窓口で「あるだけ入金(預け入れ)」して
  2. その後、ATMから「引き出す(払い戻し)」

という方法を利用すると、使いやすいお金に両替することができます。そのまま貯金し続けるのもいいですよね。

もちろん手数料は無料

郵便局のATMなら、小銭の払い戻しもできますよ。(コンビニのATMは紙幣のみ)

両替に必要なもの

キャッシュカード「のみ」

郵便局(ゆうちょ銀行)で両替をするといっても、実際には口座への入出金になります。口座が必要なので、お持ちでない人はこちら↓をご確認ください。

総合口座を開くには
http://www.jp-bank.japanpost.jp/

「あるだけ入金」で両替する方法

2,500枚の小銭なら「約10分」

「あるだけ入金」を利用して両替する方法はとっても簡単。

  1. 用紙に記入する
  2. 窓口で渡す
  3. 集計を待つ
  4. 金額を確認して入金する
  5. ATMで払い出す

以上の5ステップです。

用紙に記入する

まず、入金票(通常貯金用)に名前のみ記入します。金額は書かなくてOKです。

入金票(通常貯金用)に名前のみ記入する

窓口で渡す

その入金票と一緒に、小銭とキャッシュカード(入金だけなら通帳でも可)を窓口で渡します。そして、「あるだけ入金をお願いします」と言えばOK。

小銭を数える時間

今回わたしが「あるだけ入金」した小銭は1円玉です。少し5円玉も混ざっていましたが、ぜんぜん問題ありません。そして総重量は約2.5kg。ほぼ1円玉なので、約2,500枚の小銭ということになります。

ところが、渡して呼ばれるまでの時間たったの8分!早っ!

入金をする準備もできていたので、小銭を数える機械は分速500枚くらいで集計できるようです。機械によって違うかもですが、待ち時間の目安になると思います。

金額を確認して入金する

呼ばれて窓口に行くと金種の明細票があり、金額を確認します。名前だけ書いた入金票にその合計金額を記入すれば、あっという間に手続き完了。口座に入金されます。

入金票(通常貯金用)に合計金額を記入する

その明細票の拡大画像↓です。了承を得て頂いてきました。

金種明細票

ATMで払い出す

あとは、ATMからお金を引き出すだけです。急ぎでなければ、いつでもOK。そのまま貯金し続けるのもいいですよね。

以上、とっても簡単で早い「あるだけ入金」を利用した郵便局での両替方法でした。

「あるだけ入金」をする注意点

事前に確認をする

この「あるだけ入金」、もしかすると取り扱いのない郵便局があるかもしれません。できるか事前に確認をしてくださいね。

また、業務の忙しい日などは気が引けちゃいますよね。特に手の空いている曜日や時間帯とか、五十日(ごとうび、ごとび Wikipedia)などの混雑具合を聞いておくと安心ですよ。

持ち込む硬貨の上限枚数

わたしが行った郵便局に、持ち込む上限枚数はありませんでした。話しの感じだと、5千枚~1万枚ぐらいは普通に手続きできると思います。これも事前に確認をお願いしますね。

ちなみに、1円玉はジップロックのフリーザーバッグ(大)に入れて持って行きました。まだ余裕があったので、1円玉だと約3,000枚は入るはずです。

小銭をいっぱい入れたジップロックのフリーザーバッグ(大)

異物がないか確認しておく

貯金箱あるある。ゲームのコインとかボタン電池とか、なぜか入っていることがあります。

これが小銭を数える機械に詰まると時間がかかるし、故障すると集計も入金もできない!なんてことに…。持って行く前に、ざっと硬貨以外のモノが混ざっていないか確認した方がいいですよー。

青サビの出た硬貨の確認

5円玉と10円玉は、青サビが出ることがあります。これも機械に詰まる原因になるので、ヒドい青サビ硬貨は、別に分けて持って行くのがいいですよ。

ATMで小銭を入金するのは?

利便性と効率が悪い

銀行・郵便局(ゆうちょ銀行)どちらのATMも、金種に関係なく100枚まで小銭の入金ができます。

逆にいうと100枚ずつしか処理できないので、大量の小銭を「入金して引き出す」という両替は効率が悪すぎます。

ATMで小銭を入金する問題点

コンビニのATMでは小銭の入金ができない

設置台数は多いけど、コンビニのATMは小銭の入金がでません。各支店や大手スーパーなど、小銭を入金できるATMを見つけておく必要があります。

メンタルとの戦いにもなる

小銭の入金は、完了するまでに約5分かかります。問題なのは、そのほとんどの時間が「ATM側の」処理待ちになるということです。

一見すると、ATMの前で棒立ちをして「意味不明に渋滞を作っている人」と思われても仕方ない状況になります。こういうときの5分は長く、これが精神的にツライのなんのって。

まとめ

  • 大量の小銭は、あるだけ入金を利用すると使いやすいお金に両替できる。
  • そのまま貯金し続けることもできるので、またコツコツ貯めようと思える。
  • 郵便局の人は対応がとっても親切。事前に相談しておくと、スムーズに入金できる。

 - 覚え書き ,

Google AdSense(kizasu レスポンシブ)

スポンサーリンク

Google AdSense(kizasu レスポンシブ)

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  関連記事

photo credit: 100_1281 via photopin
リファラスパムをGoogleアナリティクスから簡単に見分ける方法

リファラスパムは、簡単に見分けられます。Googleアナリティクスからリファラスパムを見つける方法。 …

photo credit: Thinking Long-Term via photopin
遅刻癖を【本気で直したい】人がするべき、たった1つのこと

遅刻癖を克服した人は、必ずしています!本気で直したい人が、見落としているかもしれないポイント。 この …